私の我侭を聞いて       その手を離さずに居て


by crystal_cloister
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 16 )

独りにしないで…

 


兄ちゃんが吐血した。

胃潰瘍が3つも見付かった。

でも

保険証もお金も無くて
手術も入院も出来ない。





父親が脳梗塞で入院した。

母は軽い脳梗塞だと
言っていたけれど

どうなるかは判らない。





どうか

私の大切な人たちを

奪わないで…


 
[PR]
by crystal_cloister | 2010-12-21 21:29

記憶が無い

c0042814_432191.jpg

c0042814_432196.jpg

 


この三日間の記憶が

殆ど無い。



今日一日は頭痛が酷く

今まで眠れなかった分を

取り返すかのように

起き上がれなかった。



私の異変に

兄ちゃんが心配して

食事を作ってくれた。



いやだ 思い出せない



ブログやメールを見て

やっと何時の事なのか

何をしたのか思い出せる。





一昨日の夜に首を吊って

大量の胃液を吐いていた

兄ちゃんの姿だけは

鮮明に思い出せるのに。



 
[PR]
by crystal_cloister | 2010-10-24 04:03

Thinking of you

 


傍に居るだけじゃ見えないもの


 

more
[PR]
by crystal_cloister | 2010-10-18 23:27

野毛山動物園

c0042814_5385328.jpg

c0042814_5385381.jpg

c0042814_538538.jpg

c0042814_5385397.jpg

c0042814_5385346.jpg

 

歩いて30分程の市営動物園に
お散歩がてら行きました♪

一番の目標は…
なかよし広場で戯れるvv


ハツカネズミとヒヨコは
掴み取り状態(笑)。

肩まで登ってくるハツカネズミ
ウサギみたいなモルモット
手乗りヒヨコ…


癒された〜(*^∇^*)


 
[PR]
by crystal_cloister | 2010-10-06 05:38

愛のかたまり



Xmasと言って
特別にしたことと言えば
プレゼントを贈り合ったくらいだけど

一緒にお風呂に入って
夜更かししながらゲームして
ギュっと抱き締め合って眠って
一緒に朝を迎えて
久しぶりにお出掛けをして
テレビを見ながらピザとチキンを食べて…

そんなふうに穏やかに
一緒に居られることが
幸せだなぁと思う。



明日の夜はお互い仕事だけど
頑張ろうね。
[PR]
by crystal_cloister | 2007-12-24 18:26

輪廻



『俺って前世なんだったのかなー。人間嫌いだったし…人間じゃなかったのかなー。』

『そうかもね。もしも前世があるなら…その時私たちは出会ってたかしら?』

『きっと出会ってたよ』

『だからこんなに惹かれ合ったのかな』

『うん』





いつまでも
いつまでも
僕ら一緒に居よう
“一生”じゃ足りないくらい
ずっとずっと。





『ねぇ…一緒に死んだらさ…一緒に居られるかな…』

『居られるかもね。でもユージさんは、私が先に死んでも追ってこれなさそう(笑)。』

『うー…。めぐみはもし突然俺が先に死んだら…死ねる?俺意外とぽっくり逝きそう。』
『死ねる。』

『………やっぱり俺先に死のうかなー(泣)』

『だーめ。私が先♪』

『やだぁ(泣)』

『だーめ。私意地悪だから♪(笑)』





永遠とか
生まれ変わりとか
くだらない陳腐な嘘に
騙されてみても良いかな

君となら
そう思えるから





『ユージさんは“一生”一緒に居れば足りる?』

『足りない。』

『ね。私も。』

『生まれ変わっても、歳の差はこのままで良いんだろ?』

『良いよ。でも次は、もう少し早く知り合いたいね(笑)。』

『きっとすぐ近くに住んでるよ。めぐみが19で、俺が30で…“めぐみちゃんのこと、小さい頃からずっと好きだったんだ”って言うから』

『そしたら私は“知ってた”って言うから(笑)』

『(笑)』

『でもそれまでユージさんは待ってられるかなぁ?』

『待てるよ!!…めぐみの方が待てなかったら俺はどうすれば良いんだよー(泣)。』

『あはははは(笑)。…大丈夫。待ってるよ。ずっとずっと一緒に居るよって…指切りしたでしょ?』

『…うん(涙)』





いつまでも傍に居てあげる
いつまでも傍に居てね

もう離さない

誰にもあげない



僕らにとってこの世のすべて
意味がない

君が居なければ
僕と居なければ



いつか空に還るその日も


また堕ちてくるその日も
[PR]
by crystal_cloister | 2007-12-05 23:02

タナトス




そう すべてはタイミングなんだ
 
僕等は出逢ってしまったんだ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初めてリアルな世界で言葉を交わして
たぶんその5分後には
僕等の間に隔たりは無かった
 
人間同士の間に生じる僅か1㎜の壁は
互いに描くスロープ次第で
幾重にも重なり 交差し
いくらでも厚みを増してゆく
 
僕等が描くスロープは
まるでシンクロするように
寄り添って
しかし傷付けるでもなく
当たり前のように自然に流れていた
 
 
 
父さんが母さんより11コ上で
姉貴が弟より7コ上
 
家族構成までそっくりな
僕等の歳の差11コ
 
 
 
最初から決められてたみたいに
互いに感じるシンパシーは心地よくて
どれほど一緒に時を過ごしても
疲れることなんてない
 
そんな僕等の共通点は
 
ニンゲンギライ ノ サミシガリヤ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初めて会った夜も
二度目に会った夜も
 
壊れそうな君を見て
 
ちょっと昔の僕を思い出した
 
 
 
狂いそうな思いを抱いて
灰色に渦巻く朝を迎える日々
 
身体に増えていく傷痕だけが
少しだけ僕を癒してくれる
 
 
 
夜の魔力は恐ろしい
独りでなんて
朝すら迎えられない
 
 
 


壊れそうな君は

愛を乞うみたいに

僕に二、三度口付けて
 
震えながら
 
『ごめんね』
 
と言ったんだ





振り払うことだってできた筈だ

頬でも叩いて置き去りにすればいい

それでも君を抱き締めてあげたのは





僕は“僕”を助けたかったんだ










凍えそうな夜の闇の中
独り佇む君に

温かなマッチを一本





狂うほどの苦しみの海に
溺れてしまいそうな君に

蜘蛛の糸を










そう すべてはタイミングなんだ
 
僕等は出逢ってしまったんだ










僕等の世界は変化した
 
愛しくも危うい
人はそれを幸せと呼ぶのだろうか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人に甘えたことのない君は
僕の前でだけ子供の頃に還り
 
“泣く”ことをせずに育った君は
初めて人前で
そう
僕の前で声をあげて涙を流した
 
 
 
 
 
狂おしく
いとおしい
 
 
 
 
 
恍惚にも似た感情は
独占欲なのかもしれない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
口付けを交わし
 
腕を絡めて
 
泣きそうな声で
 
『俺じゃダメ?』
 

 
繰り返し尋ねる君は
 
壊したくなるくらい可愛かった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして
 
 
僕がずっと昔から待っていた言葉を…
 
 
待っていた想いを…
 
 
君は僕の首に這わせた手に
 
力をを込めながら
 
言ったんだ…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『殺したい…』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ずっと探していた
 
まさか逢えるなんて思っていなかった
 
 
 
 
 
“私を殺してくれる人”
 
 
 
 
 
あの瞬間の感情を
僕はきっと忘れない


呼吸の出来ない苦しさと
首筋にあてがわれた痛みに
混じる恍惚





自分でも
どうしてそんなことをしたのか
どうしてそんなことを言ったのか
解らないと君は言うけど





あの恍惚の中
無意識なのか知れないけれど
君は
僕さえようやく聞き取れるほど
小さな声で

『めぐみを殺して
俺も死んだら
俺のものにできるかな』

と呟いたんだ










今でも君は時折
僕の首に手を這わせると
喉元にあたる親指へ
力を込めながら

『愛してる』
『殺したい』



魅惑の祝詞を囁く










僕を殺したくなる衝動も

嫉妬心や独占欲

僕を束縛したいと思う気持ちも

君にとっては初めてで

君は少し戸惑っていた





もしもこれが

僕の感情の“転移”だとしても



いや
“転移”だったとしたら





僕らはきっと
“最高”の二人になれる





いつだって

安定する時へと

手を伸ばせるのだから





いつだって

二人で

永遠に身を委ねられるのだから










今夜も君は
祝詞をあげてくれるだろうか





安定する方へ…
…安定する方へ










《タナトス》

それは死への本能





二人だけの

うつろわざる世界へ




[PR]
by crystal_cloister | 2007-04-15 08:19

【Platonic】




「好きだよ」

「愛しているよ」



その感情を

指一本触れないままで



解らせて

悟らせて

狂おしいほどに。
[PR]
by crystal_cloister | 2005-03-08 12:05

【死ト云フ水平線】



蠢いた 愛

回って

歪んで

乱舞して



僕らを繋ぐ 紅い糸

張詰め

切れて

血を流す



水平線の消えたこの地で

僕らは何度も夢を見て

永久続くこの苦しみを

紛らせるため愛し合う
[PR]
by crystal_cloister | 2005-03-07 20:47

【オーロラのケープ】



柔らかな白雪が

ふわりと舞って

真白に包まれた

二人きりの世界

僕たちはそっと

夢に口付けして

きらめく極光の

ケープを纏って

さぁ踊りませう

夜が明けるまで
[PR]
by crystal_cloister | 2005-03-01 09:15