私の我侭を聞いて       その手を離さずに居て


by crystal_cloister
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

No title

 


例えば紅い月の光
幽かに貴方(を)包むでしょう
都会の空は霞んでいて
時に貴方は
彷徨(まよ)うでしょう

然れど 月の灯は
何時も貴方照らしている
千の苦悩の先
其の先の輝ける日まで

暖かな春も 眩い夏も
舞い散る秋も 凍ゆ冬でさえも
月は貴方を導くでしょう
 

more
[PR]
# by crystal_cloister | 2011-01-10 17:04 |

月の光

 

楽器が弾けなくとも
歌は唄う事ができる

 

more
[PR]
# by crystal_cloister | 2011-01-09 13:44 | 徒然

あったかい。

人に恵まれてる

今まで何度
思ってきたことだろう

 

more
[PR]
# by crystal_cloister | 2011-01-05 19:31 | 徒然
本年も宜しくお願い致します。

more
[PR]
# by crystal_cloister | 2011-01-01 02:50 | 徒然

誓い

 


朧に 雲 棚引いて
真昼の月 そつと隠し
幽玄なる 時の彼方
今も変らず 君を想ふ

淡く 陽射す思ひ出
暖かな日溜まりの中で
遠く 君の声が響く
温かく 包み込まれて

清らなる 二人の約束
何時までも 何処までも
終ること無き 永久の誓い

繰り返される 季節の中
幾千年の 時を越えて
此の魂を 君に捧ぐ


 
[PR]
# by crystal_cloister | 2010-12-26 00:10 |

Xmasかぁ~

去年は変わったXmasを
過ごしたっけなぁw

今年は色々あったけど
最後にダリンの言葉は
本当に嬉しかったなぁ♪

今は苦しいけど仕方ない。


人間関係もバラバラになって
でも周囲に聞いたら
実はそれが或る人の
策略だったって判って。

私に言ってることと
向こうに言ってることが
全然違うんだから
擦れ違いも起きて当然。
そりゃ
私達じゃなかったとしても
仲違いするわww

そうして最後には
私と縁を切って
一旦私を孤立させてから
向こうと縁を切って
また私の所に帰ってきたw

『あの二人に、望月さんの
 所に戻ったと知れて
 事が拗れるのは嫌なので
 念の為にGREEは通さず
 電話とメールで…』
と、きたもんだw

あれだけ言っておきながら
『私とは考え方が合わない』
だのなんだの言ってたし;

困った人…。
でも心配しちゃうんだよねぇ。

『愛』かぁ…。


その人曰く誰かさんも随分と
火種が残ってたみたいだけど
私はスッキリしちゃったし。

人を傷付けて自分を守る弱さ
って
本当に自分に返ってくるのね。

まだ若いから
これから成長してくのね、
きっと。


来年は良い年に
なりますように♪
ううん。
良い年にしよう♪
[PR]
# by crystal_cloister | 2010-12-23 20:07 | 徒然

独りにしないで…

 


兄ちゃんが吐血した。

胃潰瘍が3つも見付かった。

でも

保険証もお金も無くて
手術も入院も出来ない。





父親が脳梗塞で入院した。

母は軽い脳梗塞だと
言っていたけれど

どうなるかは判らない。





どうか

私の大切な人たちを

奪わないで…


 
[PR]
# by crystal_cloister | 2010-12-21 21:29

孤独

 


波が引いてゆくやうに

人々が去つてゆく

波が返すかのやうに

孤独が押し寄せてくる



恐怖に身動き出来ぬ

私の手を

死が 取らむとす



もう 足掻く力さえ

何処に行つたのか



助けてと

誰も居ない海の底で

叫ぶことしか出来ずに



情けない私を

どうか赦して


 
[PR]
# by crystal_cloister | 2010-12-10 08:28 | 戯言

嫌い。

 


傍に居るようになって

どんどん嫌いになってく。



調子が悪いとすぐキレるのも

子供みたいで嫌い。



人に物を頼むのにキレながら

方言とヤクザ言葉で

何を言ってるのか

判らなくするのも嫌い。



すぐに命を粗末にしようと

するところも 嫌い。



これ以上

助けてあげられないよ。


 
[PR]
# by crystal_cloister | 2010-12-05 19:27 | 徒然

No title

 


寂しさに侵される

身体が動かない



声が聴きたい

大丈夫だよと言って



耐えられなくなる前に。


 
[PR]
# by crystal_cloister | 2010-12-04 00:13 | 戯言